歯科医院を開業している友人は、学校医の医療求人にも応募をして、その2つの両立を図っています。

医療求人における歯科について
医療求人における歯科について

歯科医師をしながら応募した学校医の医療求人

毎年5月になると、600人もの子供の歯の検診をするのは、学校歯科医を務めている友人です。友人はこれ以外にも、自分で歯科医院を開業していて、その両立を上手にしています。友人は元々、ある歯科医院で正社員として歯科医を勤めていました。そんなとき、学校歯科医の医療求人を知ったそうです。これは、公に公開される医療求人ではなく、その内部で伝わる求人情報でした。地域の歯科医院に勤めていた友人は、その情報を得ることができたのです。友人には、いつか自分の個人医院を開業したいという夢がありました。そこで友人は、個人医院を開業すると同時に、学校歯科医の務めもしたいと思ったそうです。そうして友人は、歯科医院から離職をし、自らの歯科医院を開業したのです。そして希望通り、学校歯科医の求人にも応募をし、両方の職に就くことができたのでした。友人は今、歯科医として働いている中で、とてもやりがいを感じることができると言っていました。地域の歯科医院というのは、その地域住民の方々に深く愛され、日々必要とされていることを実感できるそうです。また、学校歯科医として小学校に訪れたときは、子供たちがとても可愛いといいます。
こうして友人は、自分の夢を実現することができたのでした。同じ歯科医としての仕事でも、医院と学校には違いがあり、両立できていることに感心してしまいます。これからも、みんなに愛される歯科医でいてほしいなと思いました。