歯科大学に通っていた私は、そこに送られてくる医療求人の種類の豊富さに驚いた経験があります。

医療求人における歯科について
医療求人における歯科について

歯科大学に集まる医療求人

歯科大学に進学する人の多くは、将来歯科医師や、歯科衛生士を目指しています。この大学では、そういった学生の教育をするため、歯科学を中心に医療について学ぶことができるのです。私がこの歯科大学に進学したのも、将来歯科衛生士として働きたかったからでした。そんな私は、大学に通いながら、歯科助手のアルバイトもし、着々とその資格の取得に向けて、勉強を続けていったのです。実際に資格を取得できるのは、大学4回生のときなのですが、その就職にあたっては、3回生のときから活動が始まります。これは、資格取得見込み者としてエントリーし、実際に資格の取得が確定したときに、そのエントリーした病院の採用を受けられるようになっています。そのため私も、大学の3回生のときから就職活動を始めました。これは、大学に送ってこられる医療求人と、自ら探す医療求人とで方法が違うのですが、ほとんどの学生が、大学に送られてくる医療求人をあてにしています。それは、自ら医療求人を探していると、本来の学業についていくことが難しくなるからでした。こうして私も、大学にある医療求人を見ていたのですが、その種類はとても豊富なものでした。
歯科大学だからといって、歯科医師の求人だけではなく、医療事務や介護職の医療求人もあったのです。同じ医療の世界のため、こういった求人も送られてくるのでした。私はこのとき、歯科大学に進学してよかったなと思いました。こうして私は、希望通りの歯科衛生士の仕事に就くことができました。

オススメワード