医療求人についてですが歯科の場合は、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付など複数あります。

医療求人における歯科について
医療求人における歯科について

医療求人での歯科について

医療求人では歯科の場合、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付などがあります。医院によっては掃除の求人もあるようです。歯科は遅くまで診療しているところがほとんどですから、スタッフの負担を減らして早く帰れるように配慮して掃除の人を別に雇ったりしているところもあるようです。歯科の求人で国家資格が必要なのは、歯科衛生士と歯科技工士です。歯科衛生士は二年間専門学校で学んで資格を得ます。最近では三年制の歯科衛生士の学校もあります。歯科の領域が顎顔面に及んでいる現在ではより専門的な知識や経験を見につける三年制もふえてきているのです。求人でも待遇に多少の差は出るのではないでしょうか。歯科技工士は二年間専門学校で学んで資格を得ます。こちらは歯科以外にもラボなどで求人があります。こちらも帰りが遅いというのがあって女性は仕事を辞めたらまた技工士はやらないという人も結構います。
資格が特に無く経験がなくてもできるのが、歯科助手、受付です。経験がない場合は一から先輩に教えてもらいながら覚えていきます。歯科助手については診療補助や器具の準備、消毒、滅菌等、専門的な仕事になりますから、覚えるのは大変ですがとてもやりがいがあります。直接患者さんと接するので人と接するのが好きな人が向いてます。また経験のある歯科助手だけの求人もけっこうあります。即戦力となるので急募の場合に多いでしょうか。それと受付。医療求人の場合、受付は医療事務の資格があると有利かと思われます。もしくは経験者ですね。レセプトなどありますので一から覚えるとなるとしっかり教育する期間がとれる歯科でないと大変でしょう。歯科助手でも一年の専門学校はありますが、医院によって考えややり方が違いますから、やはり一から覚えることにはなると思います。基本的な知識は身に付くとは思いますが、私個人の見解で言うと医院で一から覚えたほうが早い場合もあるかと思います。

オススメワード